選挙と投票

なぜ若者は選挙で投票に行かないのか?自分たちの力を見くびるなよ

2014年の衆議院選挙の投票率は、20代が約32%、30代が約42%、40代が約50%でした。「投票なんか行っても意味がない」「世の中なんか変えられる訳がない」「若者は人数が少ないから影響力が弱い」という意見も根強いですが、しかし本当にそうでしょうか?ちな…

なぜ若者は選挙に行かないのか?選挙に行く理由はこれ!

なんのために選挙に行くのか? それは、「給料を上げるため」「休日を確保するため」「まともな環境で仕事ができるようにするため」「休日に遊びに行く時間と金を確保するため」です。首都圏の人は、東京一極集中やめて満員電車を緩和のためでもいいし、地方…

偏向報道への簡単なスポンサーへの問い合わせ方(ハガキを使う)

あまりにもマスコミの報道内容がひどいせいで、それに対する抗議が増えており、中でもスポンサーへ抗議を入れることが効果的であるということは知られています。ただし、スポンサーへ抗議を入れる場合には電話よりもハガキを利用したほうが効果が高いことが…

選挙でどこに投票したらかわからないときは?(私の場合)

私が投票するときに考えてることは、「信用できない、嫌いな政党・政治家には投票しない」ということと、「でも投票しないと、私や私の世代の意見は政治家に無視されるので、投票はする」ということです。そこで私が投票先を考えるときにはこんな感じにして…

選挙でどこに投票したらいいかわからないときはどうするか?

私の結論としては、「消去法で比較的まともだと思う政治家・政党に投票する」です。 理由は「自分たちにとってマイナスになるような政治家が当選すると困る」からです。 「投票しようと思っても、投票したいところがない!」という人は多いと思います。投票…

コミケと選挙と条例・ビックサイト

2017年には東京都で都議会選挙が行われる予定になっているので、コミケや条例・ビックサイトあたりも併せてみてみようかなと思います。結論から言うと、「コミケや条例・ビッグサイトをよくしようと思うなら、まず選挙に行け!特に20代・30代。行かないと自…

税金を払っているのに、選挙で投票しない人は損してる

消費税や所得税、住民税など税金を払っていない人は世の中であまりいないと思います。しかしながら、国政選挙でさえ投票率が50%台と、半数近くの人が投票に行ってない状況です。「投票なんて言っても意味がない」と考えている人は多いと思いますが、しか…

なぜ選挙で投票しても世の中が変わらないと感じるのかを、国会議員の数から考えてみる

なぜ投票しても世の中が変わらないと感じるのか?その理由の一つが、「国民の人数に対して、国会議員の人数が少ない」からです。実際に、「衆議院の国会議員数」と「有権者の数」の変化を見てみるとこうなります。昭和21年(1946年) 国会議員数 468人:有権者…